相続時精算課税制度利用のメリット 2

高齢社会では相続よりも認知症などで不動産の売買、賃貸等の契約が出来なくなるリスクが心配されます。
認知症と判断されると、自宅の売却代金で施設に入居したい場合等も後見制度を利用しなければならず、
時間と手間がかかります。
こうした場合に売却などを考えておられるのであれば、子の名義に変更しておくことも対策になります。